スポンサードリンク                   ひらめきノーロードファンド一覧 晴れ 毎月分配型投信一覧 exclamation×2グローバル株式型投信一覧  満月リート型投資信託一覧 ダイヤ 国内株式型投信一覧 むかっ(怒り) 投信ボーナス分配カレンダー 雷投資信託ノーロードナビ 位置情報投資信託比較Navi NEW海外ETF比較

2007年06月17日

マネックス証券の投資信託ボーナスキャンペーン

 マネックス証券でも2007年6月18日(月)〜7月25日(水)<約定分>に、マネックスでお取扱している投資信託を合計30万円以上ご購入いただくと、申込手数料(販売手数料)が実質「半額」になるキャンペーンを実施します。

 先日紹介した新生銀行のキャンペーン【新規口座開設のお客さま限定】 投資信託申込手数料実質0円 新生銀行には少し見劣りしますが、既に口座を持っている人にとっては、マネックス証券のキャンペーンも、新生銀行のキャンペーンも大差は無いと思います。

 本当に欲しい投資信託があったらキャンペーンを利用してみてもいいのではないでしょうか?


posted by jt at 10:27| Comment(0) | TrackBack(1) | マネックス証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

マネックスの0円キャンペーン

 今頃気づいたのですが、マネックスでも投資信託申込手数料0円キャンペーン

というのを今月やっていたのですね。

 マネックスのホームページを読む限りだと、対象商品は取扱い投資信託全て

みたいなので、三菱UFJ証券よりお得かもしれません。


 ちなみにマネックスで扱っている投資信託売れ筋は以下の通りだそうです。

   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 2006年12月1日〜12月14日の売れ筋ベスト10


1位 プレミアム・ハイブリッド 2006 (販売終了)
非上場株式ファンドとヘッジ・ファンドへ分散投資する、長期運用型のマネックス限定、オリジナル商品。


2位 チャイナ・フォーカス
外国人投資家の取得が制限されている、人民元建ての中国A株に連動証券を通じて投資できるのが最大の魅力。


3位 HSBCインドオープン
高い成長を続けるインドの株式に投資。設定来の騰落率は約140%。(2006年11月末現在)


4位 HSBCチャイナオープン
中国株運用の高い実績を持つ、HSBC投信香港が現地で運用を担当しています。


5位 ダイワ・グローバルREIT・オープン
世界のリート(不動産投資信託)に投資して、安定的な配当利回りを追及。毎月分配型のファンドです。


6位 欧州新成長国株式ファンド
中長期に高い経済成長が見込まれる、中東欧諸国とロシアの株式に投資。


7位 JPM・BRICS5・ファンド
ブラジル、ロシア、インド、中国のいわゆる"ブリックス”に、南アフリカを追加した、話題の5カ国の株式に投資。


8位 トヨタアセットバンガード海外株式・ファンド 日本以外の世界主要各国の株式インデックスに投資できる希少なファンド。


9位 HSBCブラジルオープン
南米の経済大国、ブラジル連邦共和国の上場株式に投資。運用はHSBCの現地運用チームが担当。


10位 朝日Nvestグローバルバリュー株オープン
世界の株式市場から、割安な銘柄を発掘して投資。リッパーファンドアワードジャパンで最優秀ファンド賞を受賞。



 率直に個人的な感想を述べさせてもらえれば、5位のダイワ・グローバルREIT・オープン

最近高くなって手を出しづらくなってきたワールドリートの中では、まだ割安のような

気がします。単価12000円台で、毎月の分配が90円というのは狙い目かと

勝手に思っています。

 だって、私が保有している国際のワールドリートは、単価15000円台で

分配金は90円なのですから・・・・・

 単純に利回りだけ考えると、国際のワールドリート売り飛ばして、このダイワ・グローバルREIT・オープン

購入した方がお得だと思います。

 まぁ、私の場合、思うだけで終わってしまうのですが・・・・




これからインターネット取引するならマネックス証券

・株、ミニ株、投資信託、債券など業界随一の商品ラインナップ

・逆指値でリスク管理もラクラク

・口座開設すれば市況概況や個別銘柄ニュースなど良質な投資情報が見られます

・口座開設費用は無料。今すぐ口座開設を!








「マネックス証券ハンドブック 」
posted by jt at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | マネックス証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

マネックス証券

ネット証券大手のマネックス証券ですが、こちらもイートレード証券と
ほぼ同じような内容だとお考えください。

個人的には、マネックスではIPOの取引しかしていませんので、
実際のところ何とも言いようがないのが実情ですが、
マネックス証券ホームページを覗いてみた感想では、
セレクトファンドや販売手数料無しの、ノーロード投資信託が
そこそこ充実しているように感じられました。

毎月受取型投資信託では06年06月現在、野村の世界三資産バランスファンドや日興の財産3分法ファンドといった商品がありましたが、利回り等を考えても、大した品揃えというわけでもありませんでした。





  マネックス証券PR






これからインターネット取引するならマネックス証券

・株、ミニ株、投資信託、債券など業界随一の商品ラインナップ

・逆指値でリスク管理もラクラク

・口座開設すれば市況概況や個別銘柄ニュースなど良質な投資情報が見られます

・口座開設費用は無料。今すぐ口座開設を!






★『価格.com』でネット証券・総合証券のオンライントレード徹底比較!!★
 http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1015ZC+3QK5O2+384+1HMQ6B




「マネックス証券でがっちり儲けるネット株
 賢い資産運用」


ノーロードファンドをチェックするサイト
   「投資信託ノーロードナビ」











IPO新規公開株投資に興味がある方は
     こちらをご覧ください→「IPO徹底攻略

 
posted by jt at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マネックス証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。