スポンサードリンク                   ひらめきノーロードファンド一覧 晴れ 毎月分配型投信一覧 exclamation×2グローバル株式型投信一覧  満月リート型投資信託一覧 ダイヤ 国内株式型投信一覧 むかっ(怒り) 投信ボーナス分配カレンダー 雷投資信託ノーロードナビ 位置情報投資信託比較Navi NEW海外ETF比較

2007年11月05日

フィデリティのキャンペーン

 少し前にコメント欄で教えてもらったフィデリティのキャンペーンを覗いてきました。正直なところ、自分が使ってない証券会社はあまり興味が無い、というのが本音なのですが、フィデリティの取扱ファンドの中に、私がずっと興味を持っていたファンドが2つあったので紹介しておきます。

 ここで紹介したからといって、将来値上がりするかどうかなど、私は分かりませんので、仮に買って値下がりしても恨まないでください。

 今回のフィデリティのキャッシュバックキャンペーンは、取扱ファンド全てが対象なので、三菱のキャンペーンより、良いファンドが見つかるかもです。キャンペーン期間も来年1月までと長いです。

 フィデリティ取扱ファンド一覧

 ちなみに私が欲しいと思ったファンドは、HSBCのインド株式ファンド(3ヶ月決算型)と中国株式ファンド(3ヶ月決算型)の2つです。インド株式ファンド(3ヶ月決算型)は今年の9月設定で、まだ分配実績がありませんか、中国株式ファンド(3ヶ月決算型)の方は、過去1年で5960円の分配を出していますので、この実績から見ても、インド株式ファンド(3ヶ月決算型)の方も基準価格次第で、高額分配も期待できるかもしれません。基準価格はインド株式ファンド(3ヶ月決算型)が12439円、中国株式ファンド(3ヶ月決算型)が16939円となっています。

 ただし、これまでインドも中国も株価が急騰していますので、その反動が、いつかどこかで出ると思います。投資は自分の判断でお願いします。

 上記2ファンドも個人的には、わざわざフィデリティに口座を造ってまで買う予定はありません。三菱で売ってたら、手数料を普通に払ってでも買ってると思いますが。
posted by jt at 16:51| Comment(0) | ノーロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

ノーロードファンド売上倍増

 日経の記事によれば、販売手数料ゼロのノーロードファンドの残高が

ネット証券4社で一年で倍になったそうです。

 記事によれば、購入時に手数料がかからない投資信託のネット販売が

伸びているそうで、SBIイー・トレード証券などインターネット専業証券4社が

扱った「販売手数料ゼロ」投信の残高は3月末時点で約1400億円と、前年同期に比べ

ほぼ倍増したそうです。投資家のコスト負担を軽くして新規顧客を開拓する

狙いがあり、今後も各社のサービス競争が続きそうだと書かれています。

 また、記事によれば、投信の手数料は販売する証券会社が自由に決められるそうで、

SBIイー・トレード証券では3月末の「販売手数料ゼロ」投信の残高が310億円と、

前年同期のほぼ4.7倍になり、4月以降も新興国市場で運用する投信を中心に

売れ行き好調で、これを受け約20銘柄を新たに販売手数料をゼロにしたそうです。



 正直、安いに越したことはないので、各社で競ってノーロードファンドを

増やしてもらうと買う方は助かります。

 
 上で言うネット証券4社とは

 イー・トレード証券 業界屈指の全67ファンド

 楽天証券 38銘柄

 マネックス証券 34本

 カブドットコム証券 67ファンド109本

 の4社だと思います。たぶん、きっと


 あと、ネット証券じゃなくてネットバンクのイーバンク銀行もノーロードファンドを53本も取り扱ってます。


 投資信託ノーロードナビ
ラベル:ノーロード
posted by jt at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ノーロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

新生銀行キャンペーン

 新規口座開設者に限るみたいですが、新生銀行では2007年6月11日(月)〜8月15日(水)に新規にパワーフレックス口座を開設されたお客さまについて、ファンド数に関わらず、お申込手数料を実質0円(後日100%キャッシュバック)といたします。 というキャンペーンをやっているそうです。取扱ファンドの全て44ファンドが対象ということなので、気に入るファンドがあるかどうか覗いてみてはいかがでしょう?

【新規口座開設のお客さま限定】 投資信託申込手数料実質0円 新生銀行

キャッシュバック対象となるお申込金額は1回のお取引で10万円以上、ファンド毎に100万円までとなります(10万円未満のお取引および各ファンド100万円を超える分に関してはキャッシュバックの対象外となります)

 ちなみに既に口座を開いている人は、前に紹介した違う投資信託のキャンペーンをまだやってるみたいです。

posted by jt at 10:42| Comment(0) | TrackBack(1) | ノーロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

セゾン投信

 セゾン投信は、2007年2月から営業を開始したばかりの新しい投信会社です。
セゾン投信の特徴は、投信を直接顧客に販売することにより
ローコストで投資信託を提供していくという手法を採用しているところです。

 07年4月現在で、2本の投資信託を販売していますが、共に手数料はゼロの
ノーロード
ですし、年間の信託報酬も0.5%前後という極めて低い
手数料体系で営業をしています。




 セゾン投信取扱ファンド

 「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

商品分類   追加型株式投資信託/バランス型

信託設定日  2007年3月15日  

基準価格  10388円 

決算 12月

純資産  13億円

お申込手数料  ありません 手数料無料のノーロード

信託報酬 年率0.4935%(実質0.7875% )           
信託財産留保額0.1%

販売  セゾン投信




 「セゾン資産形成の達人ファンド

商品分類  追加型株式投資信託/国内株式型/ファンドオブファンズ

信託設定日 2007年3月15日

基準価格  10103円 

純資産  4億円

決算日 12月10日

お申込手数料  ありません 手数料無料のノーロード

信託報酬 年率0.567%         

信託財産留保額0.1%

販売会社 セゾン投信



セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、世界の株や債券に分散投資するバランス型の
投資信託です。この手のバランス型投資信託でノーロードというのは
かなりお得なファンドだと思います。
ただし、決算が年に1回で分配方針なども分からないのが難点でしょうか。
最近主流の毎月分配型なら、魅力も倍増すると思うのですが。


 「セゾン資産形成の達人ファンド」は、さわかみ投信の「さわかみファンド」とバンガード投信の日本株ファンドを
組み込んだ投資信託です。長期運用に定評のある「さわかみファンド」ですから
セゾン投信のローコスト運用と相まって、長期的には普通の投信以上の
高いパフォーマンスが期待できるかもしれません。

 
 個別投資信託の新しい数字はセゾン投信のホームページからどうぞ→セゾン投信


 




  セゾン投信に関する日経の記事 引用

クレディセゾン、投信子会社「セゾン投信」からオリジナル投資信託を販売
カード業界初、セゾンの『オリジナル投資信託』


−投信子会社:セゾン投信(株)を通じ、業界最低水準の手数料体系でカード会員などに販売−


【商品名】 《セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド》《セゾン資産形成の達人ファンド》

 クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 林野宏)はさわかみ投信株式会社(本社:東京都千代田区)、ザ・バンガード・グループ(本社:米国ペンシルべニア州)から商品提供を受け、昨年6月に設立した投資信託委託会社セゾン投信株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 宮澤雅美)でセゾンのオリジナル投資信託を設定し、直接販売方式で3月5日より販売を開始します。


 販売する商品は、日本における長期投資のパイオニア「さわかみファンド」と、世界最大級の投信会社であるザ・バンガード・グループの「インデックスファンド」を投資対象としたファンドオブファンズ形式の投資信託2本です。資産運用商品の需要の高い団塊世代のみならず、団塊ジュニアを中心とした比較的若い世代の資産形成層もターゲットに、「長期資産形成」をコンセンプトとした商品を業界最低水準の手数料で販売いたします。


 今回の提携のポイントは、「さわかみ投信」「ザ・バンガード・グループ」の商品を組み込んだオリジナル投資信託商品をお客様に提供できる点です。両社とは「長期資産形成」「ローコスト」をコンセプトに、お客様が長期的に資産形成をするに相応しい商品を提供・販売していくための取組スキームの検討を重ねてまいりました。


 その結果、昨年6月にはクレディセゾン100%出資で「セゾン投信(株)」を設立し、同社が本年1月15日に金融庁より投資信託委託業の認可を受けました。販売手数料・信託報酬をできるかぎりカットするため、証券会社等の販売業者を入れない直接販売方式で、販促コストを抑え、セミナー活動を中心とした営業展開により、ローコスト経営を目指してまいります。


 「さわかみ投信」や「ザ・バンガード・グループ」との提携が実現した背景には、単に商品を卸す従来の金融機関とは一線を画した「顧客利益の最優先」という新たなスタンダードを投信業界で確立したいという当社の思いと、両社の経営スタンスに共通点があったということが挙げられます。


 ターゲット顧客の中心を形成する比較的若い団塊ジュニア世代や女性の資産形成ニーズには(1)「投資への意欲があるが行動が追いついていない」(2)「投信などパッケージ型商品に関心が高い」(3)「積み立てニーズが強い」等の傾向があることが判明していますので、安心と信頼を与えることのできる長期保有型投資信託を作り出すことで、お客様の期待におこたえしたいと考えております。


 「さわかみ投信」「バンガード・インベストメンツ・ジャパン証券株式会社」とは、これまでもセミナーで講師を務めていただくなど、「長期投資」という視点で協力関係を築いてまいりました。今後も商品提供だけにとどまらず、セミナー等を通じた個人投資家層拡大に相互協力しながら取り組んでまいります。




ノーロードファンドをチェックするサイト
   「投資信託ノーロードナビ」
posted by jt at 14:06| Comment(3) | TrackBack(1) | ノーロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

さわかみファンド

 ネットなどでは、かなり評判の良い「さわかみファンド」のホームページを覗いてきました。私は、基本的に国内株式型の投資信託は買わない人間なのですが、「さわかみファンド」は経済系のテレビ番組等で何度も取り上げられていたので、かなり前から興味がありました。

 「さわかみファンド」は、さわかみ投信という会社が運用する投資信託です。このファンドというか、このさわかみ投信の特徴は、その商品であるファンドが「さわかみ投信」一つだけというところにあります。通常の投信会社のように、新しいファンドをいくつも立ち上げ目先を変えて売っていくという手法と違い、自分たちの運用する投信の中身というか運用成績で勝負している会社です。

 ネット上でもかなり良い評判ばかりが目につきます。基準価格が右肩上がりであるということもあり、ある種熱狂的なファンもいるような感じでしょうか。

 さわかみファンドの特徴は、割安株を長期保有するという「バイ&ホールド」を忠実にやっているというところではないかと、昔見たテレビの感覚で、私は勝手に思い込んでいます。直近の組入銘柄を見てみると、住金・三菱重工・石川島・デンソー・ソニー・ローム・住友重機・三井造船・松下電器となっています。

 あと、この「さわかみファンド」は手数料無料のノーロードファンドというところも、魅力の一つなのですが・・・・・



名称 さわかみファンド

追加型株式投資信託/国際株式型(一般型)
 国際株式型となっていますが、基本的には国内株式がメインです。今のところ。

信託期間 無期限

決算 年1回、毎年8月23日
 過去7期では一度も分配を出していません。今のところ、基本方針として、分配は出さないのだと思います。

基準価格 19,143円(07年4月17日)

純資産  2,450億円

売買手数料 無料

信託報酬 純資産総額に対して年率1.05%

信託財産留保金 1.5%
 
 但し、信託財産留保金控除前で計算した解約代金が50万円以下となる場合には、信託財産留保金は控除されません。

販売会社  さわかみ投信  ウツミ屋証券株式会社




 少し注意すべき点は、信託財産留保金が1.5%もあるということです。これには但し書きがあって、50万以下は控除されないとなっているので、売却する時は少額ずつ売った方が得なのかと少し考えさせられました。さわかみファンドを購入する場合は、このあたりの事をよく調べた方がいいと思います。売却時に1.5%も取られたら、いくらノーロードでも、それって手数料を後で取られているのと同じように思えてしまうのが人情ですから。


  さわかみ投信ホームページ http://www.sawakami.co.jp/


ノーロードファンドをチェックするサイト
   「投資信託ノーロードナビ」

posted by jt at 09:53| Comment(1) | TrackBack(0) | ノーロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

ジョインベスト証券

 先日、コメント欄で教えてもらった証券会社の紹介です。

 野村證券子会社のジョインベスト証券が投資信託販売を始めました。

 取扱ファンドの数は、2007年4月現在で160本と、流石は野村の

子会社と感心したのですが、ノーロード投資信託に関しては、あまり

驚くほどのラインナップでもないような気がしました。


 まあ、こういうのは、人それぞれで感じ方が違うので、興味のあるか他は

ジョインベスト証券ホームページで確認してください。
       https://www.joinvest.jp/index.html


 ちなみに、ジョインベスト証券取扱ノーロード投資信託の本数は

2007年4月14日時点で24本となっています。

 その中で、私が興味を持った投信を少し紹介すると

  三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド

  DIAM中国関連株オープン チャイニーズ・エンジェル

  フォルティス・トルコ株式オープン

  三井住友グローバル好配当株式オープン

 といったところが、人気ファンドなので私の目についた投資信託なのですが

これらのノーロードファンドは、他の証券会社でもノーロードで扱って

いるファンドばかりなので、あまり目新しさは感じませんでした。

 それと、高利回りで安定運用が期待できるグローバル債券型投資信託

リート型投資信託ノーロードファンドが無かったのは、かなり寂しい

というか、何というか・・・

 この程度のノーロードラインナップならイー・トレード証券イーバンク銀行楽天証券

投信32銘柄が手数料無料の丸八証券などの方がいいかもです。


 ただ、ノーロードファンド以外だと、投資信託の数が豊富なので魅力的な

ファンドも多数見受けられました。

 普通に手数料さえ払えば、毎月分配型投資信託だけでも36本もあります。

 リート型投資信託も野村世界不動産投信(毎月分配型)などを取り扱っていて

グローバル債券型だと高利回り社債オープン(毎月分配型)

バランス型投資信託だと世界三資産バランスファンド セッション(毎月分配型)なども

扱っているので、普通に投資信託を買うのなら使える証券会社かと思います。

 ただ、今回はあくまでもノーロード(投資信託)ファンドという視点で

記事を書いたので、少し辛口の文章になってしまいました。

 しかし、ジョインベスト証券が本気を出してノーロードファンドの本数を

増やしてくれれば、魅力的なファンドがノーロードとして登場するかもしれません。

 ジョインベスト証券での投資信託取扱は、まだ始まったばかりみたいなので

今後に期待したいと思います。






















ノーロードファンドをチェックするサイト
   「投資信託ノーロードナビ」
ラベル:ノーロード
posted by jt at 16:56| Comment(0) | TrackBack(1) | ノーロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

二浪証券は全部ノーロード

 超ローカル証券会社ではありますが、ノーロード投資信託の扱いが

半端ではない証券会社の紹介です。

 ただ、私個人は口座を開いてないので、情報収集や判断はご自分で

キッチリされることをお薦めします。


  

  その証券会社の名前は、二浪証券といいます。

 本店所在地は愛媛県松山市、支店とかは無いみたいなので

愛媛の人間以外には馴染みのない地方ローカル証券会社だと思います。

 で、この二浪証券は何が凄いかと言えば、その取扱投資信託全部が

ノーロードで購入できるというなのです。

  お買付け手数料が無料となるのは国内追加型投資信託です。

 全ての投資信託をノーロードにしてから、既に2年弱になるみたいです。

日経新聞他でも紹介されていますし、1919年創業という老舗証券会社でも

ありますが、何分にも愛媛ローカル証券というのがチョット悩ましい

ところです。会社の規模みたいなのが、全く分からないのも何だか

不安なのですが・・・・・

 良かったら愛媛県民の方で、二浪証券がどんな証券会社か教えて

頂けると助かります。



 
 二浪証券ホームページからの引用
二浪証券なら投資信託の手数料が無料です

二浪証券なら投資信託のお買付け手数料が無料です。投資信託は魅力的だと思うけど手数料が2%とか3%かかるのは高すぎると思ってらっしゃる方、二浪証券では平成17年6月1日から投資信託のお買付手数料を無料にしています。例えば3%の手数料が無料になるとすると、税込みで3.15%、1000万円の買い付けに対して31万5千円、1億円なら315万円が無料になるんだからこれは大きいですね。まだ無駄な手数料を払っている方、この機会にぜひ二浪証券で口座開設しませんか?


 



  二浪証券 取扱投資信託

ダイワ・バリュー株・オープン 底力  大 和
遺伝子情報革命 iバイオ       大 和
シルバーライフ21オープン 春    大 和
デジタル情報通信革命 0101(ゼロイチゼロイチ) 大 和
ファンドABC           大 和
新経済大国日本           大 和
ブランドエクイティ         新 光
日本実力株ファンド リアルエコノミー 新 光
新光スーパートレード         新 光
日本成長株オープン 新鮮組      新 光
日本株オープン新潮流        新 光
DKA 新興成長株オープン J−フロンティア DKA
DKA日本株式スタイルファンド 和の精鋭 DKA
DKA日本好配当株オープン 配当生活 DKA
DKA株式オープン         DKA
DKAジャパンオープン       DKA
DKAキャピタル・グロース・オープン ザ・ベスト・マネジャー DKA
日本ニューバリューオープン 経営維新  日 本
日本バリューリサーチオープン 経営開化 日 本
日本好配当割安株オープン 竹くらべ   日 本
クイックターン新実力株オープン    日 本
日本グロースオープン         日 本
日本ダイナミック・パワーオープン 大志 日 本
日本株式ファンド“i−TECH”   日 本
クイックターン新成長株オープン    日 本
日本好配当リバランスオープン     日 本
三井住友・日本株Newバリューオープン 三井住友
三井住友・げんきシニアライフ・オープン 三井住友
21世紀ファンド(規模別選択オープン) 三井住友
メイプルジャパンオープン        三井住友
新世代成長株ファンド ダイワ大輔    大 和
日本中小型ディスカバーオープン     日 本
スーパー小型株ポートフォリオ      三井住友
スーパー店頭株 兆(きざし)ポートフォリオ 三井住友
三井住友・グローバル好配当株式オープン 世界の豆の木 三井住友
ワールドテクノロジー・ファンド 三井住友
アジア・デジタル情報通信革命 アジア0101 大 和
ダイワ・チャイナ・ファンド        大 和
チャイナ・ロード 西遊記         日 本
三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド  三井住友
PCAインド株式オープン       ピーシーエー
DKA欧州株ファンド         DKA
損保ジャパン−フォルティス・トルコ株式オープン メルハバ 損保ジャパン
海外国債ファンド          新 光
新光J−REITオープン      新 光
DKA豪ドル債券ファンド(毎月決算型) DKA
DKAトリニティオープン(毎月決算型) ファンド3兄弟 DKA
ワールド・ソブリンインカム 十二単衣 日 本
グローバル・リート・セレクション   日 本
ワールド・リート・セレクション(米国) 十二絵巻 日 本
グローバル・ソブリン・オープン(1年決算型) 国 際
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 国 際
グローバル・ソブリン・オープン(3ヶ月決算型) 国 際
住信 コモディティ・オープン      住信AM
ニューフィールド30・オープン    三井住友
三井住友・グローバル・リート・オープン 世界の大家さん 三井住友
日本インデックスオープン225     日 本
トピックス・インデックスファンド    大 和
コア30インデックス          新 光
ブル2.5セレクト          三井住友
ベア2.5セレクト          三井住友

あまりに多すぎてリンクを張る根性が無いので、個別銘柄をチェック

したい人は、ご自分で検索かけてください。


 これだけの投資信託が全部ノーロードというのも、凄いと思うのですが

その割には、ネット上でもあまり話題にならない証券会社です?

 


 二浪証券ホームページはこちら http://www.futanami-sec.co.jp/index.html



ノーロードファンドをチェックするサイト
   「投資信託ノーロードナビ」



ラベル:ノーロード
posted by jt at 08:49| Comment(3) | TrackBack(1) | ノーロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。